Right to Light

陽ととなり

クラブハリエのリーフパイは美味しいという話

モラトリアムを拗らせ半ば自暴自棄気味に生きていると、いつか徹底的に精神が腐るのではないかと思う。例えば休日にすることも無く家にこもってTwitterのおもしろ動画を再生し続けたり、運動しようと意気込む内にタイミングを逃し日が沈んでいくのを気落ちした頭で眺めたり、そんな何の生産性もない日々をほんの1日2日過ごすだけでも、自分はなんて何も無いからっぽな人間なのだろうと嫌になる。働いていた方が(良くも悪くも)刺激的になると更に空虚に拍車がかかって、もはやこの歳で隠居かとでも叱責したくなる休日になってしまう。それは嫌だ。人はいつか死ぬ。必ず死ぬ。やりたいことはあるにはあるがそれには思いだけではダメだ。片輪の荷車は走れない。もう片方の車輪もハブだけではダメだ。時と金、両方が揃ってはじめて役割を果たせる。今は時間はあっても金が無い。嘆かわしいもので荷車はいつまで経っても走れない。金があっても使えない程の忙殺、時間を生んで片輪が完成したと思いきや今度は気力が無く結局走れない。上手くいかないものだ。

 

人はいつか死ぬ。会いたい人には会いたいし寂しさを埋めたい。バンジージャンプもまだしてない。女装もしていないしミイラ男の仮装もしていない。美味しいお菓子を作りたいしMCUの結末も観ていない。料理も練習中だ。お菓子作りに比べれば味見が効くので作っていてスピード感があって楽しい。決まりはなく勢いで作れる。自由だ。そう、自由でいいのだ。過程も結果も求められない。必要なのは空腹だけ。こんなシンプルなことで楽しんで幸せになっていいのかと叫びたくなる。料理と言えばメイドカフェだって行きたい。オムライスにケチャップでペンギンを描いて欲しい。目下1番のしたいことはメイドカフェに行くこと。これだってやろうと思えば明日にでも叶うのだ。実現が1番手元にある。思いもある。時間もあるし金もある。阻むのは後1歩の振り切りか、言うなれば荷が重くて動かないと言ったところか。きっと知らない世界がそこにはある。メイドカフェに行ったことのある人生とない人生だったら、断然ある人生の方が面白そうだ。理由なんてそれでいいのだ。もっと自分の好奇心や意欲を信じていいのだと最近考えるようになった。付き合っている人、定めた価値観、得た技術、選んだ自分を信じて良いのだ。だから僕はメイドカフェに行く。行くったら行く。今週末にでも。

 

食後にクラブハリエのリーフパイを食べた。いつ食べても美味しいよね。

f:id:HikaruRightman:20190715224242j:image

コーヒーと一緒なら無限に食べられる。

 

他愛のない日常のことは書くのが難しい。

選択の罪と罰

空は明るいのに小雨が降り止まない日だった。反抗期の子供が親に怒られて家を飛び出す様な衝動に任せて車を走らせた先は、何の思い出もない神社だった。御手水で清めることも億劫に感じ賽銭箱に25円を投げ入れそのまま帰ってきた。得たものはこれと無く、失くしたものは往復の3時間と60km分のガソリン。

 

してもしなくても結果が同じなら何もしない方を選んでいたかった。だって疲れるし。それが朝の挨拶だろうと会話の返事だろうと、100の内0.1でもリスペクトがあれば当然に返す。ただしない方が楽だと、しない方が身の為だと思える程にバカバカしく思える時があるのだ。かつては「この狭いコミュニティで俺だけは尊敬を失くすまい」と青く考えていたけれど、そんなものは何の意味も成さなかった。あるのは無と失望。する選択を取った自分を情けなく感じ以来口は最低限のことだけを発するのみになった。嫌いなものが増えていく。考え方は歪になって、逆恨みだけが繋がりになっていく。悪いのは誰だとひたすらに問い詰めていく。僕が抱いている想いが侵された訳でもないのに、ただ人がゆっくりと自然に大人になっていくだけなのに、その瞬間を目の当たりにする度に深く沈む喪失感を喰らわされる。

 

これは罰だ。

 

傷をアイスピックで抉られるような痛みも、顔を剃るのに蒸しタオルを当てている時間の憂鬱も、歪に育った自我も全部、犯した罪の罰だ。電車に乗ることや鬱屈な休日、気だるげな陽の光、日常のあらゆることをトリガーにして己の不甲斐無さを嘆くのがそれだ。僕が悪い。ひたすらの自責は考え過ぎでも思い上がりでもない事実。消えることのない選択の罰。これから先、僕の思考はその罪を土台に積み上がる。どれだけ努力の結果が見えようと、どれだけ人に認められようと、全ては贖罪になってしまう。あらゆる行動も賞賛も承認も報奨もマイナスを0に近づけるだけのもので、決して僕は自分を赦さないだろう。「普通」が蔓延る社会に於いて、絶対に安らぐことはない漸近線だ。実態の無い『僕の』相応の価値、定義付けされていない不確かなものを手に入れようと、それがどんなものであれ絶対に満足しない癖に見つからないことに苛立ち恥じ責める。それの繰り返し。自分を責め続けて見えたことは、(少なくとも僕は)自分を救えるのは自分だけだということ。その自分さえも諦め見捨てようとしているのだからそれはある種の諦観。足掻いたところで赦しは無い。

 

とは言っても生きるための希望は持っていたい。「したことない」をするこれからにしたい。赦しは無くとも多少の安らぎを得てなんとか人間でいたい。足掻いた結果で何も変わらなくても思い出は残る。接することはなくても近づける。それだけがマイナスの精神を泳ぐ僕の唯一の導に思えるから。

頭の中で声がする話

別にココロ的なことではなくて、頭の中で声がする。それは会話であったり、歌であったり、愚痴であったり、思考とはとても呼べない声が、日がな頭の中をひたすら回る。

 

『この作業が済んだら報告しなきゃ』『週末は映画を観ようよ』『まだご自分の手に入れた物の価値をご存知でない!』『許された気でいるな?』『いっしょにお願い、ドクターウー』『君と話すと頭が痛くなる』『焼き鳥ってさ、いいよな』『飲み会しよう』『1人は嫌』『lineしなくちゃ』『遊びに誘おうか』『こいつの名前はアーバン・ゲリラ』『ケーキを食べに行ったりさ』『一個あたりに時間をかけ過ぎ』『クジラのシャツ、かわいい』『頭を打ちつけたい』『だから最初に聞いたじゃないか』『もう子供じゃないんだぞ』『私に気を遣わせるんじゃないわよ』『蒸し暑い』『オペラを聴くよりずっとマシさ』『お前は人を裏切ってここにいる』『面倒だ』『1人でいなくちゃ』『戒めろ』『ホットサンドにツナってあり?』『ダーリン、最高』『ミスった』『嘘つきめ、忌々しい』『逆恨みか?』『思い出は見えるところに置いておかないと』『お嬢様たれ』『これはやらなくていいのか?』『誰もお前を愛さない』『会えるのが楽しみ!』『家に居たくない』『夏はダメだ…夏は…』『断られるとショックだから動けない』『あと6人』『変わらず話が出来ると思ってるのか?自惚れだな』『どうしてお前が』『よくやってるよ』『違う』『料理を覚えなきゃ』『一人前になったらそれが自信になるか?』『人は変わらない』『時は人を癒さない』『美味しいパン屋があるんだ』『みんなどこに行ったんだ?』『やっぱりな』『お前も淋しかったんだろ?』『居場所はない』『メイド喫茶って行ったことないから』『ドロップアウトさ』『理解しろって言うな』『目新しいから好き』『行ってみたいな』『まだ幸せになってない』『強請るな』『聞きたくないふざけたセリフは聞かないことにした』『早く寝よう』『読みかけの小説があるんだ』『モーニングっていいものね』『京都の雨は大概盆地に降る』『良い塩梅だ』『半歩踏み出せ』『それが自信か?』『自分が正しいと思ってやがる』『君は幸せになって欲しくない。どこかで、俺が同情して納得するような、辛い思いをして欲しい』『女子トイレって入ったことないな』『どうしてどうしてどうしてどうして』『上手くいかないものだな』『爪を回せ!』『雨は嫌いだ』『この手詰まりな感覚はいいな。道が開けた時が楽しみだ』『言葉を失くした』『元カノの誕生日をすっぽかした』『みんなのことが大好きだからさ!』『カードに8時間の穴を空けて!得るものは何だ!』『人の名前を気易く呼んでくれるよな』『忘れて欲しくない』『箱庭って良い表現だろ?窮屈で気取った人間関係とかさ』『それについてはいくらでも言い訳できるんだけど』『ペンギン』『うわ、エッロ』『彼女がいたら変わるのか?』『からしの原材料って…?』『なんだてめぇ』『ゆかって名前が可愛いよな』『ギャルギャルしいな』『Cause I'm freak,bitch!! baby!!』『愛で1年を数えてみろよ』『お前に何が出来る?』『人と比べるな』『愛してくれ』『現を侵すなら排除しなくちゃな』『遅れたくない』『唐突に理解した』『人は見た目だろ、何言ってんだ』『やめろ』『何も生み出せない』『傲慢め』『それが人であると知れ』『思い出の場所が失くなってしまったから』『名前で呼んでくれ』『努力したと言える基準を教えてくれよ』『これはちくわ』『でもそのリストには空欄があって』『喫煙席にいて欲しい、コーヒーを飲みながら』『10月24日を忘れるな』『普通ってなんだよ』『あなたに見合うようになりたかっただけなんです』

 

油断すると自分が正しいと思ってしまう。油断すると自分の納得するもの以外には価値が無いと思ってしまう。もうすぐ25になりますが気持ちは22の時のまま、迷い憂いたまに楽しみな日々です。自分を持てる日は来るのでしょうか?来るといいな。

 

特に何も無くてもこうして文字に出来るとなんだかスッキリして良いですね。

 

終着点もないので終わり。

腕時計を作る

お気に入りだったブレスレットがばっさり切れてしまったので、前々から作ってみたかった腕時計を作った。

f:id:HikaruRightman:20181020165316j:image

最近ブログも書いてなかったし、久しぶりの良い機会だから作り方を載せていくよ。

 

1.デザイン→型紙を作る

デザインと言っても何も難しいことはない。「こんなものが欲しいな」と自分が思うものを紙に書くだけだ。

f:id:HikaruRightman:20181020165641j:image

デザインはイラストにするとイメージが掴み易い。けど今回はもう頭の中で出来ているものなのでいきなり型紙を作っていく。もう本当によくある形だし「とりあえずぶっつけでいくかー」くらいの気持ち。4分の1しか線を書いていないのは、線対称で切り出してなるべくシンメトリにするため。

 

こんな感じに出来たよ。

f:id:HikaruRightman:20181020170003j:image

大きいのがベルト本体、斜線部には上から色革を貼る。やっぱり左右対象に起すのは難しいね。曲線がかなり怪しい。横にあるのは色革の型紙と、後で出てくるムーブメント(文字盤)固定用のベロの型紙。

 

型紙が出来たら実際に革を切り出すよ。

 

2.裁断する 

今回使う革はサドルレザーとサメ革。

f:id:HikaruRightman:20181020170650j:image

「革を触ってる!」って感じがするので僕はナチュラルカラーが1番好き!サメ革はさっきも言ったように上から貼って柄のデザインにする。他意はないよ!ないって!ウケとか狙ってないって!

 

型紙を元に銀面(革の表)に針で線を引く。ズレないように慎重に!それをカッターで裁断!

f:id:HikaruRightman:20181020171018j:image

配置してみるとこんな感じ。

f:id:HikaruRightman:20181020171137j:image

細かいズレは張り合わせた時に整えるから今はノータッチで。

 

3.縫製する

まずはムーブメントに固定用のベロを付ける。

f:id:HikaruRightman:20181020171008j:image

ハート型の奴は最後にベルトに留めるネジ式コンチョだ。

ムーブメントに革を通して縫う!単純だ。

f:id:HikaruRightman:20181020171807j:image

単純だけど糸目がガタガタ……クラフトするのが半年ぶりだから大分ブランクを感じた。糸の色は個人的に好きなライトブルーにした。このムーブメントは最後でベルトに装着するからとりあえず終わり。

 

ベルトにサメ革を貼って縫い合わせる。

f:id:HikaruRightman:20181020172019j:image

サメ革に引いたガイドラインはかなり見にくいので感覚と心の目を使う。後で下からサドルレザーを張り合わせて余計なステッチを見えなくするために内側だけ。そうしたらもう1枚のベルトと張り合わせる。

 

菱目打ちで穴を開けて……

f:id:HikaruRightman:20181020172637j:image

針でチコチコ縫っていく。

f:id:HikaruRightman:20181020173007j:image

ひと針ひと針に愛を込めるのが秘訣。この辺りで柄が鮫の背びれっぽい意匠になっていることに気付く。いやぁ我ながら図らずの良きデザイン。

 

縫い終わるとこんな感じ。

f:id:HikaruRightman:20181020171205j:image

糸目が入るとグッとレザーっぽくなる!達成感もひとしお。

 

4.コバ処理をする

縫い終わったらコバ(裁断面)の処理をする。このコバ処理の出来が作品の出来に直結するから気合いを入れるよ!サンドスティック(やすりみたいなやつ)でひたすら断面を擦る!擦る!

f:id:HikaruRightman:20181020173400j:image

こんな感じで毛羽立つと2枚の革の張り合わせ部分を目立たなくなる。

f:id:HikaruRightman:20181020173636j:image

やすりをかけるとヘリが立つのでヘリ落としをかける。

f:id:HikaruRightman:20181020173755j:image

ツィーといくとKAIKAN!!そうしたらこの毛羽立ちにトコノール(硬化液)を塗って、ウッドスティックで……

f:id:HikaruRightman:20181020174004j:image

あああああああああああああァァァァァァァ!!!!!(((('ω' ))))≡≡≡(((('ω'))))≡≡≡((((  'ω'))))

f:id:HikaruRightman:20181020174247j:image

と擦ると艶が出る。発声は必須。

f:id:HikaruRightman:20181020174739j:image

ちょっとわかりづらいけど、艶、出てます。

ここの出来の良し悪しで作った人の技量が見られるらしい。革の何かを買う時は参考にしてみてね。今回の僕のは70点くらい。張り合わせの跡が残ってしまった……この辺りでジャンパーホックも取り付けたよ。本当はバネホックが良かったけど持ち合わせが無かった……「ジャンパーホックの方がしっかり留まってくれるから良いじゃん!」と言い聞かせた。妥協した。

 

ここまで出来たらもう少し!

 

5.合体!!

最終工程にしてここからははじめてのことをぶっつけでやる。まずは位置を測ってベロを通す穴をベルトに空ける。

f:id:HikaruRightman:20181020175214j:image

一回通してみて……

f:id:HikaruRightman:20181020175238j:image

また位置を調整して今度はコンチョ用の穴をベルトとベロに空ける。腕に着けた時にムーブメントとベルトに隙間ができないように……

f:id:HikaruRightman:20181020175321j:image

So,so.

ベルトに通して裏からコンチョのネジを留めれば……

f:id:HikaruRightman:20181020175531j:image

 

 

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

 

 

f:id:HikaruRightman:20181020165245j:image

完成!!✌︎('ω')✌︎お疲れ様!!✌︎('ω')✌︎

工程事態は単純だから5時間くらいで出来た。

f:id:HikaruRightman:20181020180419j:image

サメ革のデザインが中々良いのではないか!?自分が作ったものがいちばん好き!!一方ぶっつけでやったぶん反省点も多々ありありのあり。コバ処理だったり下側のコンチョ位置が中心線からズレていたり……

f:id:HikaruRightman:20181020180759j:image

あーあ

コバは張り合わせの圧着が甘かった。もっと全体重と心意気をかけて張り合わせないといけない。コンチョ位置のズレはかなーり気になる。革はやり直しがきかないので最終盤で気を抜くとこういうミスになる。こういうことがあるからみんなはデザインと設計をしっかりやろうね!

 

それ以外はデザインもサメ革も満足満足!サティスファクション!! \('ω' )>

 

手作りって愛着が湧くから良いよね!みんなもやってみてね!

 

Help!!

これを書いているのは本当に無謀としか言えない。8月になってから考えることが増えて、遂にはパンクした。頭の中で喋る自分はもうずっとネガティブに言葉を並べ続けるし、それを発しようとする自分はもう口を開くことすらしたくない。気持ちの奥底では発散しないといけないのはわかっている。実際何度も何度もtwitterやこのブログに何かを発しようとしたけれどどうにもダメだった。それはどの言葉ももう自分のものではない気がして、破裂した脳みそでは1時間毎に大きく揺れる感情に着いていけなかったし渦巻く考えをまとめられなかったからだ。今もこうしてベッドに横になりながら考えはじめると頭の中がうずくように痛む。でももう仕方ない。これ以上内に抱えこむことは出来ない。直接でも婉曲でもどうでもいい。僕は今救いを求めているし自分じゃ自分を救えない。ここに何か書くことでこの胸のモヤモヤを少しでも拭えるのなら、頭が痛かろうがまとまらなかろうが残すべきだ。やっぱり無謀だ。

 

言葉と考えが浮かんでは消えて忘れてしまうので自分が何を考えいるのかわからない。どうせ忘れてしまうのなら考えることすら無駄ではないか。今は疲れることを極力避けていきたい。そんな風に土日を過ごしていたら人と話すことを忘れてしまっていた。ずっとイライラしていた土日だった。そんな気持ちで集中力が続くはずもなく何をしていても楽しくない。気分を変えようと外に出てみても眼に入るものがなぜか憎く思えて仕方がなかった。嫉妬か羨望か、とにかく眩しく見えるものが憎かった。ちなみに今もだ。何か作ってみてもうまくいかないしパッとしない。そもそもそんなイライラしながら作るものが良いものなはずがない。うまくできないからまたイライラは募っていく。逃げ場がない。

 

それでも明日になればまた変わるだろうとじっと堪えるのだ。今日はきっと僕の日ではなかった。Not my day、明日には違う日が待っていると思う。そう思わないともうやっていけない。助けて欲しい。苦しい。孤独は僕を殺して、独りの僕は手首を切る。内も外も逃げ場がない。八方塞がりだ。何度も何度も同じことを書くのは、何度も何度も同じことを考えるからだ。

 

今年は穏やかな夏を過ごしたかった。でもそうはいかない。声を出せない自分を何度情けなく思ったことか。今よりもう少し若かった頃は、誰かに助けを求めなくてもなんとかなった。でも今は違う。自信はすっかり塵になって、クールにもスマートにもいられない。人生はすっかり変わってしまって描いた理想も影となって、不安に駆られて逃げてきた。情けない僕ですまない。でもこれは心の扉を開けというサインなのかもしれない。気持ちを変えて殻を破れというサイン。

 

すごく落ち込んでいる。

 

また僕が立ち上がるために助けて欲しい。

あの夜のイサナ

家を出て北へ車を走らせると信号がある大きなT字路にぶつかる。そこを右折。これまた大きな池をぐるりと反時計回りに北へ、北へ。その内に右手に小さい頃よく連れて行ってもらった洋食屋さんが見えるのだけど、幼げでおぼろげな記憶を懐かしみながら坂を下って行く。またT字路にぶつかるので今度は左へ。それで国道に乗る。後はひたすら真っ直ぐ。北へ、北へ。そうして到着するのが、僕にとって、ちょうどいいお店。

 

当時仲の良かった女友達からそのお店の存在を教えてもらった。串焼きとカニクリームコロッケが美味しいらしい。あまり外食をしない僕はその時は半分聞き流していたけれど、今思えばそれは僕の青春において最も熱い情熱の第一歩であって、最初で最後のひとふみであった。

 

前日に車を洗った。洗車機を通して拭き上げ、ワックスを2回かけた。当時から今でもずっと聞き惚れているアリアナのCDをかけ、かつてない胸の昂りと緊張に挟まれ時間を待った。夏の暑さがようやく過ぎ去った10月の終わりの頃の出来事で、ちょうどその日に眼鏡を新調したことを覚えている。その日は悩んで結局コンタクトで出かけたのだけど、目が乾いたのはきっとそれだけが原因ではなかったように思う。秋口の寒さを感じさせる薄青い夕方の空に彼女は時間通りにやってきた。いつもとは違う服装で、こんなことでドキドキするなんて中学生みたいだなと思った。というのも彼女の服装はなんだか中学生みたいだった。teen誌に載っている"大人コーデ"を想起させた。それでも彼女は立ち姿こそ大人そのもので、そのキャップを被っているギャップに僕はとことん撃ち抜かれた。それで何度目だったのかは覚えてないが、とにかく撃ち抜かれた。穴だらけになった喉元からラブレターが漏れ出しそうになった。彼女を助手席に乗せて北へ、北へ。行き先はあの時教えてもらったお店。さも自分で見つけたんですよという風に、串焼きとカニクリームコロッケが美味しいらしくて〜と、とにかく緊張と沈黙を紛らわせることに必死だった。北へ。道なりに、北へ。店の裏にある駐車場に停めようとしたら彼女に「前に来たことあるの?」と尋ねられた。とてもじゃないが「あなたと来る為に事前に下見をしたんですよ」と事実を伝える余裕はなくて、黙ってギアをRに入れた。

 

お店に入ってからの僕の感情は、残念ながらあまり覚えていない。思い出そうとすると恥ずかしさで沸騰しそうだ。それでも、串焼きとカニクリームコロッケは確かに美味しかったこと、彼女が頼んだバーニャカウダというものを初めて食べて僕には美味しさがよくわからなかったこと、彼女はキールとモヒートを飲んでいたこと、それがとても良く似合っていたこと、それらだけは強く記憶している。 至福とは時間と空間を共有することだと、知性を持ってはじめて気付かされた。

 

最初で最後のあの3時間に、一体どれだけの想いを込めただろう。でもあの夜だけが、僕にとっての一世一代だったのだ。今日動かなければ自分は自分でなくなってしまうだろうと、自分を救うものは理解の外からやってくる情熱なのだと、彼女はそれを僕に教えてくれた。時間は夜を越えて、心に少しの傷と教訓を刻みこんだ。

 

あれから数年経って、彼女はもう居なくなってしまった。これから先連絡を取ることはないだろう。若さはこれからも進んで行く。時に息苦しくなるかもしれないし、酷い傷を背負うかもしれない。それでもあの夜の傷は刻印となって僕を導いていく。あの夜あのお店でなかったら、そんなことを考えても仕方がないが、あの幻のような夜の幸せと緊張感を思い出させてくれるちょうどいいお店になってくれた。

 

飲むならモヒートを。食べるならバーニャカウダを。偶に足を運ぶ僕はそこでほのかな残照に照らされて帰路に着く。南へ、南へ。

的を射られたら良いのに

空が重たい雲を纏っているように、気持ちもすっきりしない1日だった。朝から友人と遊んでいたのだけど、楽しさ一転家に帰った瞬間の心の動揺はなんとも気持ちが悪かった。不安、焦り、不自由、ルーティンに支配された朝を繰り返す度にそれを約束している夜が嫌いになる。持っていた強さを全て失って、壊れた心がそれ以上バラバラにならないように繋ぎ止めることに必死だ。そこに明るい未来は無いし、希望というものも最近感じなくなってきた。あるのは不自由、ストレス、浪費。この3つは終わりなく循環して僕の心を貧しくする。ひたすら自分を哀れむことは簡単だから、そればっかりが夜の過ごし方となってしまった。いつか落ち着く日々が来るのだろうか?一週間後のスケジュールに気分を重くするのではなく、まだ見ぬ我が将来に希望を馳せる日が来るのだろうか?そんな余裕を持つことすら高望みだと言われてしまいそうだ。ならどうして人間は生きるのか。希望を持つことすら贅沢とされる生活に、他に何を見出してこの荒く思いやりのない世界を生きていけと言うのだろう。

 

それでも一般的にそれが是とされている。元々辛いものなのだとされている。そこを渡り泳いで行くのが人生だとされている。なら間違っているのは、それに抗おうとするこの僕の方なのだ。他の人が出来ていることを出来ない僕が間違っているだ。自分は不適合者だと認めてしまえば楽かもしれない。思い切ってあらゆる人に甘えを見せられるかもしれない。それがもしかしたらこの世界を泳ぐ方法なのかもしれない。齟齬は波紋のように広がっていく。僕がこれまで大切にしてきた責任感や嘘をつかないとかいった信念が、今まさに僕の首を絞めて「正直者は死ね」と言ってくる。その開いた口の中に見える目は、まさしく僕のものなのが恐ろしい。

 

穏やかに夜を迎えて生きることが、こんなに難しいとは。今までの生き方はいったい何だったのだろうと虚しくなる。哀れむ自分を何度嫌悪したことだろう。繰り返す毎に強くなっていくことすら僕には出来ない。出来ることを見つけたい。自分では見えないところにあるのなら、誰か教えてくれ。こんな言葉でも残すことに意味があるのか。わからないことだらけだ。何かひとつでも、「これだ!」というところで的を射られたら良いのに。それだけで気持ちは変わるのに。

 

こんなヘドロのような気分の夜を迎えているが、友人と過ごした日中は楽しかった。ダーツをやってきた。

f:id:HikaruRightman:20180728231900j:image

まぐれでハットトリックを出せた。新しい楽しみを見つけたから、この楽しみと見つけた思いを大切にしていこう。