Right to Light

陽ととなり

でも壁紙が傷つくから

突然だが、僕の部屋は綺麗にまとまっていると思う。家具の配置とかの話じゃない。居場所として、過ごす場として、誰だってそうかもしれないが、自分の気に入ったものだけを置いて、棚には思い出を並べる。そうして出来た部屋に入る自分を特別に思える。それが最高。日頃から何もわからず外に放り出されていると、自分がわからなくなるのだ。今ここに立っている僕は本当の僕なのか。今流れている時間は現実か。身体と何も考えていない言葉だけが独り歩きして、意識だけが現実と乖離する。人の冷たさに触れ自分が特別でないと知る。今まで何度となくそんなことはあったけれど、どうにも慣れるものじゃないらしい。いつだって僕にとってその冷たさは、全くの意識の外から飛んでくるパチンコ玉みたいに、倒れるほどじゃないダメージを与え僕を浅く浅く穿っていく。けれども僕もそうバカじゃない。何度となくあった"そんなこと"を通して少しは賢くなっている。今日だってそう。自分は特別だと思っていたがそれに驕らず謙虚に振る舞った。結果的に僕は特別ではなかったのでダメージは少ない。物事は巡り合わせだ。自分から動かせる運命なんてそうそう訪れない。傷付きたくないなら無闇にあれこれ手を出さないことだ。謙虚に紳士的に、あくまで友好的に。改めて言葉にすると当たり前のことだが今日はその必要がある。

 

この部屋はいい。並べきれない思い出をコルクボードにひとつずつ貼り付けて僕は何百回目かわからない疼きに悩むけれど、それを見て笑われることも同情されることもない。自分の在り方なんてそれこそコルクボードの写真が増える度に問い続けてきた。でもそれはきっと僕だけの特別なものではなくてきっと誰しもが抱える普遍的な悩みなのではないか。ならそれに僕が加わる必要があるのか?血涙を流して自分を変えようとしても何も生まれはしない。余りにも非力で学もなく、うまく喋ることすらままならない。今この部屋で浮かぶ言葉は、言うなれば砂浜に書いているようなものだ。一歩外に出れば冷たい波に消されてしまう。砂浜に残すそれだけが僕が生み出せる唯一の痕跡なのに、時が来て一度波にのまれれば僕はそれを書いたことすら思い出せない。

 

この部屋はいい。綺麗にまとまっている。額に入ったポスター、写真、僕が作り上げてきたものであると同時に、僕を作りあげてきたものたちだ。この部屋はいい。だけど渇いている。この部屋には過去しかない。気持ちのいいものだけを並べて、見たくないものはAmazonダンボールにしまっている部屋だ。未来を求めて渇いている。そう気づいた途端に物足りなくなった。僕が書くべきなのは砂浜にではない。ありったけの思いで刻むべきなのだ、この部屋の壁に、その言葉を、いつでも思い出せるように。どうせ笑われも同情もされないのだから。

 

もっと揚々と自分を誇示出来る人間でありたかった。いや、かつてはきっとそうだったはずなのに、今が違うだけだ。なのに部屋に並べた思い出の中にその姿はない。今夜もこうして渇きに耐えながら、眉間に爪を立てる僕がいるだけだ。そうする自分を卑下しながら、渇きに疼きひとりほくそ笑んでいる。

what I really really want

もうすぐ5月も終わる。働きはじめてなんとなくぼんやり毎日を過ごしていたら、気づけば1ヶ月経っている。それが長いのか短いのか僕自身よくわからない。以前と変わらず、労働は僕から1日の半分を奪っていくし、毎日新しいことの繰り返しで出勤してついていくだけで精一杯なのが現状だ。たまに「それ僕聞いてましたっけ?」みたいなことを言われたり、「イロハのイも理解していない僕にいったい何を求めているんだこの人は」と思ったりすることもある。だけれど、まぁ社会とはそういうものでみんながみんな個人を鑑みることなんてしないのだろうということで、後味の悪さを感じながらもなんとか噛み砕いている。人のことを気にする余裕なんてないのだ。今はただ「行けばお金がもらえる」の一心で、たとえそれで何か思われようとも、姿勢として僕のその一心が妥協という拠り所になっている。何言ってるかわからなくなってきた。とにかく毎日この気持ちと闘っている先輩後輩同級生、社会で働くあらゆる人達を尊敬する。正直言えば、刺激はあるが寂しい毎日だ。僕は今まで僕しかしたことがないから、こういう大海に放り出されて孤独に溺れる時、他の人達がそこからどう泳ぎ始めるのかがわからない。前から言っているように、孤独との付き合い方を見直さなくてはいけないと最近つくづく思っている。

 

というのもあって、働きはじめてから、「寂しくなった時は人に会う」ということを最近覚えた。かつて僕の居場所があった場へ、僕はベトナム珈琲を求めに入り浸るのだ。へばった脳にコンデンスミルクが染み渡る。それだけではない。心にできた寂しさの穴を埋めるためでもある。10代の夢を思い出せる場へ、半ば導かれるように足を運ぶのだ。過去に執着するのは今に不満がある証拠だと考えていたが、それはどうやら一面的な見方で、今を生きるために過去に執着する必要があるという考えを持つようになってきた。執着というと言葉が悪いか。恥ずかしげもなく言えば、そこで元気を貰っているのだ。今日を頑張ろうという元気を、明日も頑張ろうと思える元気を、ベトナム珈琲と一緒に頂いている。親愛なるスタッフ諸兄におかれましては、あまりにも頻繁に通う僕を見て「こいつ大丈夫なんか」と思われるかもしれない。ここではっきり言う。「僕は大丈夫。僕は大丈夫ではない」。本来なら「全然だいじょーぶ!心配ないぜ」と言ってやると様になるだろうが、生憎人のことは考えないようにしているのでそこは許してほしい。ていうか全然大丈夫じゃない。仕事がキツイとかそういうことではなく、君達に会えないのが寂しくて退屈で仕方ない。だから大丈夫じゃない!それにもし「大丈夫になってしまう」と、君達に会いにいく理由が無くなりそうで嫌なのだ。だからしばらくは通い詰める僕を暖かく受け入れてください。お願いします。(我ながら愛に溢れていると思う。どうぞ慕ってくれて構わない。)

 

「寂しい時は人に会う」、僕は新しく学んだのだ。覚えたてのことは実践したくてたまらない。その楽しさを、愉快さを、懐かしさを、すべてを明日の糧にする。ノスタルジーと人生の厳しさの狭間で揺れながら、今日もなんとか働くことができた。明日もきっと大丈夫だ。寂しさだって悪いものじゃない。この寂しさが無ければ、僕はきっと楽しみを持って夜を迎えられていないだろうから。

私の大好きなこの情熱を同じように愛してくれる人へ。

それは僕に縁遠いものであったはず。それでも記憶を遡るとこんな僕にも仄かに色が付いていた青春時代があり、今思えばあの時生きていた僕は本当に僕だったのかと思う程煌びやかな毎日だった。円周率を聞かされ続ける眠く退屈な授業があっても、昼休みだけは違った。どんなに部活で走り回り泥まみれでヘトヘトになっても、帰り路だけは違った。お互いに色の違うジャージで、照れ臭く交わす言葉も、ぎこちない距離感も、冷やかされる声も、その左手の感触も、ひとつひとつすべてが生きるエネルギーになっていた。そのエネルギーで停電の村がひとつ救えるくらいの、宇宙からでも煌々と輝く光が僕達だった。夜眠るのが楽しみだった。慣れない手紙のやりとりも甘酸っぱい想い出で、ネットで手紙の折り方を調べたり、夢ですぐ会えるねなどとのたまってすぐさま羞恥心に溺れたりもした。生きる上で必要なことは、すべてそこにあった。そのために生きていると思っていた。初恋にピンクグレープフルーツを添えたような、鮮やかで酸っぱ過ぎる恋だった。

 

僕のピークはどうやらそこだったらしい。ブランクは経験に霞をかけて僕を育てていった。あの頃みたいなピンクグレープフルーツとは違う。思春期を越え自我に芽生えた自分に僕は何を思えばいいのか。恋に生きることは人の性のひとつとして、指を滑らせるだけで文字を綴れる現代に、助けられも苦しめられもする毎日を過ごしている。情緒が欲しい訳じゃない。でも淡白過ぎるのもロマンが欠ける。夜を越える度に、使う相手のいない言葉だけが溜まっていく。虚しい。

 

人を好きになるのは素晴らしいことだ。なんとか認めてもらおうと必死になって自らを磨く姿には、多少の痛々しさはあれど笑顔になれる活力がある。モノクロの映画に浮かぶ赤いドレスの彼女を追って、月に相談し太陽に励まされる恋をもう何年していないのだろう。

 

今まで抑えられない情熱に掻き立てられることがなかった訳ではない。その度に筆をとり逆上せた頭で熱くその想いに胸中を溶かし言葉を吐き出しても、決して、決してその手紙に宛名を入れることはしなかった。宛名を入れてしまうとこの愛すべき情熱が消えてしまう。自分が好きなのは一体誰なんだと、その一瞬が冷や水となり熱された鉄のように音を立てて僕の情熱は冷めていく。恋する自分が好き、じゃいけないのだ。はじまりの予感を求め奔走する一方で、ただ愚直に振る舞うことに怖さを覚える背反。傷付く勇気を持てない今はその板挟みに悩みつづけている。だからこうして僕は今日も夜と寂しさの肩を抱き、書き終えて送るはずの恋文を渡せないでいるのだ。

 

私の大好きなこの情熱を同じように愛してくれる人へ。

 

今週のお題「あの人へラブレター」

皐の香りと時計の針と

予定調和のセンチメンタルになってしまって、今日が終わってほしくない。春の日暮れの香りに誘われて浮き足立った気持ちで夜を駆ける。興奮して眠れない。寂しくて眠れない。やり残したことがまだあるからだ。どうしても今日を終わらせる訳にはいかないのだ。そのやり残したこととは何なのか。頭ではきっちり理解しているはずなのに、理性と気恥ずかしさが邪魔をして体から行動を奪っていく。気候が丁度いい。池の周りをぐるりと歩くのだけどそれだけだ。辺りからは皐の香りがする。どの季節でも日が暮れる時間が一番好きだ。空に融け込むような空気を纏うと、それだけで自分が特別な何かでいられるような気がする。少しでも油断するとすぐ自分が正しいと思い込んでしまう社会の渦の中で、この時間だけは、世界中の誰よりも僕は正しく特別になれる。だからこそいろいろ考えてしまうのだ。自分に正直になれる時間だからこそ、自分の情け無さや失望させてしまったこと、それからの接し方が正しかっただろうかとか実は僕は無神経に愚かで無自覚に傷付けてしまっているのではないだろうかとか、もっと励ましてあげるべきではなかったのか、それはエゴで本当はそんなこと望んでいないのでは?私に愛はあるけどあなたはどうだ?私にとってあなたは特別だけどあなたにとっての私はどうだ?一歩進むごとに話したいことが積もっていく。自分を何かの型にはめないと恥ずかしくて、顔を合わせれば言葉を忘れてしまう。性に合わず真面目に考える僕を笑い飛ばしてくれるならそれでいい。それでいいから、笑いながら楽しく話がしたい。それでもペシミズムが抜けきらなくて困る。だってどれだけ思い詰めて考えても僕にハッピーエンドが待っているとは思えない。せめてやさしくころして、エゴの塊と化した僕はこう呟くしかない。

 

個人に宛てた言葉をここに載せることはないはずなのに、宛先不明の自己満足ポエムを載せる気持ち悪さと直接伝える勇気を秤にかけるとちょうど釣り合うことを知っているくせにまたやってしまった。ならこれは顕れなのか。僕にはその勇気があるという顕れであってほしい。皐のように季節が来れば自ずと咲ける、そんな人間でいたかった。そう思う夜だった。今日は終わっていく。

纏ういろは

悲しいことに、どうやら僕は幸福に慣れていないらしい。気に病むことを吐き出したり鬱憤を晴らしたりするためならいくらでも言葉が出てくるのに、今の気持ちはどうにもうまく言い表せなくて、枕に頭を打ち付け落ち着かず用を足す用も無いのにトイレに立ち挙句考えることを放棄する。放棄したい、なのにそうはいかない。この気持ちを明日に息吹く風にしたい、その一心で慣れない感情に戸惑いながら本心に急かされ書いている。首は疼き指は思い通りに動かない。もはや禁断症状のそれだ。友情の過剰摂取、幸福のオーバードーズだ。難しい。

 

難しい。僕はもっと自分は素直な人間だと思っていた。口が悪かったり軽口が出たりするのも、別に悪意があったり気取っている訳じゃない、すこし自分に正直なだけ、そう思っていた。なのになんだこの体たらくは。いざ己の幸せを吐き出してみよとその己に言われれば、軽口は重力を思い出し意識は散漫注意は暴落しせっせと着飾った語彙は没落、脳内はスラム街と化した。吹きすさぶは新風どころではない。砂埃を捲き上る灰色を纏った風である。あまりの空白期間に喜ぶことを忘れてしまったらしい。哀しみの色は暗い色。暗く青く、足元に広がる重たい水の色。喜びの色はどんな色だったか。長いインターバルだとしても答えは今にある。今の色が喜びの色。幸せの色。自分は間違っていなかったんだという正しさの白、優しく頬を撫でる慕うべき亜麻色、暗い水に光をくれる友情の柑子色。あぁそうだった。今までだっていつだって、楽しい時はその中に飛び込みその時々の色を纏って自分になっていた。溺れる時だってあったけど、かといって暗い色を否定しない、日に日に移り変わる自分の色を楽しんでいた。それが僕の生き方だった。

 

新生活に期待はしていない。不安定な期待はいつだって予想の外で裏切られ心に雨を降らす。だから期待はしない。だって裏切られることもないから。理想を捨て絶望を遠ざける、理想など存在しないという覚悟が絶望を吹き飛ばしてくれる。その烈風こそが、意思を滾らせる赤光を纏った風だと感じる。いつだってはじまりは自分を信じる白だった。しかと踏みしめ赤い風の吹く方へ進めばいいのだ。暗く色を見失いそうな時は、今日を思い出すといい。一縷と言わず日輪のように、その柑子色であるべき心を照らしてくれるから。疲れ病み自分の色を忘れた時は、今日を思い出すといい。優しく焦がれる亜麻色の声が、何度でも染め直してくれるから。

 

自分が残照になれたかはわからない。だけどそれとは別に、僕もまた照らされていたのだ。それに気付けたことが嬉しくて嬉しくてたまらない。その色を纏って歩けることが、嬉しくて嬉しくてたまらないのだ。

4月の残照

まだ少し先の話になりますが、来月から再び働くこととなりました。転職活動(っぽいもの)を始めてから年を跨いで4ヶ月、夏に退職してからの沈黙期を合わせれば8ヶ月の時間が経ちました。両親をはじめとする家族、僕を腐らせず手本になってくれた友人、出戻りを快く受け入れてくれたバイト先、もちろん彼等以外にも、特別な言葉はなくともその大海のように広い心の片隅で、美しい離れ小島の椰子の実程に僕を気にかけてくださった皆様、恩義を挙げればキリがなく言葉にできない想いでいっぱいです。お礼に初任給でココナッツジュースを奢ります。周囲への感謝の気持ちはいっぱいだけど、僕自身で言えばそれほどでもないのが正直な感想です。昨今珍しくないと言われているとはいえ、転職なんて誰もがみんなする訳ではないし、そういう意味では若い内の良い経験になったのかなぁとぼんやり思う程度の感慨。夏からで恐らく3年分は流しストックが尽きたのか、連絡の電話を頂いた時も涙は出なかった。収入の目処が立って良かったとホッとしている。そんな感慨。

 

とにかくこれまでは光陰矢の如しとはこのことかと思える短さだった。そして実に明るくそれでいて虚しく、身の振り方を考えさせられる時間だった。"貧すれば鈍する"のとおり、月々に減っていく通帳の数字を見る度に気が滅入り心は磨り減り満たされる欲も持てないまま春を迎えるのかと絶望に片足を突っ込んでいた一方で、あぁこのままでもなんとかやっていけるじゃないかというある意味で甘い考えが無かった訳ではない。フリーターだから出来る事許される事、フリーターだから出来ない事自分で許せない事、本当に沢山あった。ただ何度も言っていたようにお金もいずれは無くなるし僕の幸せはこの先にあると信じているので萎える気力を無理矢理叩き上げていたような日々だった。本当に、腐らずよくやったと思う。しかしその一方で、僕は努力をしたとは思わない。別に今回に限らず、今までの義務教育高等教育部活大学生活就活どの場に於いても、自分で「努力したなぁ」と感じたことはない。テストに試合、発表会と実力を試される機会でも、手を抜いたって(客観的に)優秀な成績になることは多々あったし、逆に力を入れても望む結果が出なかったことももちろんある。自分で納得いくだけの努力をしその努力に見合う納得した結果を得たことがない。「まだ本気を出してないだけ」なんて言えば体裁は多少見繕えるが、複雑さは心に靄をかける。スッキリしない。何をしたって自分が本気を出しているかわからないからだ。今回だって、それに見合う努力をしたかと聞かれて首を縦に振る気は無い。涙が出ない理由はそこにあるのかもしれない。みんなそんなものなのだろうか。僕が知らないだけで、そういう風に世界は回っているのだろうか。今までひっかかっていた考えが今回の転職をきっかけに何か動くかと思っていたけれど特にそんなことはなかった。

 

"しかし"なのか"だから"なのかは不明だが、とにかくこれからだと思うのだ。難儀なことに、いくら事前に手を尽くそうと、選ぶ道が最良で最善なものかは神様にしかわからない。なら人が出来ることは、稚拙浅学な僕が出来ることはきっと、選んだ道が最良で最善になるように振舞っていくことだけ、それだけだ。月並みな言葉ではあるがひとつの真理だと僕は思う。(前職は最良を尽くそうとして潰れたがそれでも真理だ。やり方が間違っていただけで、考えは間違っていない。)とりあえずまずは誰の為と気負わずに、自分とお金の為と働いてみる、人を気にかける余裕はその後だ。苦しいこともあるが安心だけは忘れないで欲しい。僕は、栄光は俺にあると信じて疑わない。その自信からくる安心を、どうか心に置いておいて。どうしても苦しい時はまたここでネタにすれば良い。皮肉なことに、経験的にその方が好きな文章が書けると思うしよく眠れる。それで昇華してくれ。思うに、一度の挫折から立ち直れることなんてそうそうになくて、折れた心は簡単には戻らない。次だって何があるかわかったものではないのだ。だから祈っていて欲しい。期待などせずに、ただ立ち直れることを。一度折れた人間がどこまで出来るのか、僕に暇な時間をくれるなら、その時間潰し程度に祈っていて欲しい。

 

後1ヶ月、なんとかフリーター生活を楽しむとする。退職は逃げと言われるかもしれないが、逃げた先は喜怒哀楽溢れる素晴らしい人間味の世界だった。月一で遊べたし愚痴を零してお酒も飲めた。素敵な後輩達とご飯も行けた。そんな後輩達の成人も卒業も内定もお祝い出来た。趣味にだって打ち込めたし家族と旅行も行けた。それだけで、何かと心を擦り減らされた転職活動をチャラにしてお釣りがくる程のしあわせだったと自信を持って言える。逃げるのだって悪くない。逃げた先が楽しければそれで勝ちだ。逆に楽しい先に逃げて逃げて逃げ続けて、楽しいまま死ねればそれで勝ちだ。

 

改めてありがたさでいっぱいだ。沈み切って暗く沈黙していた僕にもう一度舞台を用意してくれた。光を失っていた僕に輝くチャンスをくれた。だから今度は僕が照らす存在になりたい。恩義はこうして廻っていくと思うから。

 

まずはあと1ヶ月、恐れ多くもこの残照を。

失恋はつらい

お嬢様になりたい。なりたくない?その気はなくとも優雅で品があって周りのオスどもを色香に迷わせるような、そんなお嬢様になりたくないか?そうすれば少なくとも、今抱える曖昧な恋煩いも無くなるんじゃないだろうか。自然に"曖昧な"と付けてしまったけど、こうしたのは僕自身がその恋を認めたくないことの表れなのか。今まで成就した恋愛の方がはるかに少なくあってない霞のような恋愛経験の中で学んだことは、なにはともかく「失恋はつらい」という事実だ。あまりに魅力的な世の女性達の色香に迷わされ早幾年、挑めども挑めども悉く空振りし擦り玉から学びもせず絶好球は何度見逃したことか、打率が1割を切り遂にたどり着いた先は「傷つくのが嫌ならハナから好きにならなければいい」という、現実という名のバッターボックスからの逃避であった。この歪な思考が僕の恋心に曖昧さをもたらしている。ベンチからチームメイトを見てみれば、来る球来る球すべてをスパンスパンと打ち返す色男に、絞りに絞った狙い球を磨きに磨いたスイングで鋭く捌く仕事人、気取らず飄々とそれでいてしっかり結果を持っていく優男、どれも華やかで男らしくかっこいいじゃないか。僕はまたバッターボックスに立てるのだろうか。

 

ふとこのままの生活も悪くないんじゃないかなと思う時がある。居場所があり友達がいて遊びもロマンスもあるこの生活が。嫉妬と羨望で夜も眠れなくなるようなこの生活が。でもはっきりわかっている、それでは僕は幸せにはなれない。僕の求める理想像は、今の生活の先にある。幼い頃から青春を通して描いてきた素敵な大人に僕はなりたい。

 

あぁ常々、情動は人を生かすというものだ。昼は恋を泳ぎ夜は嫉妬に溺れ、一方で底が見えるほど浅い自分の甲斐性を呪ったりそれでもなんとかもがいてみたり、うまくいくことなんてほとんどないのだけど、それでもたまにあの娘が笑ってくれればそれだけに満足して眠りにつけたり。そんなことを繰り返していたら、また少し、バットが握れるような気がしてくる。今度は見てろよと不敵に笑って、次のスイングを考えるのだ。望む生き方をしたいなら、傷つくのは御免だとか言ってられない。そんな甘えはそれこそベンチに置いてくるべきなのだ。

 

君とはとても楽しい時間だったよ。これからもどうぞよろしく。そんな風に傷つく心を隠さないのも、また大人ならではの恋なのかもしれない。