Right to Light

陽に当たっていたい22歳とその日

未だ、今、暇?

ハイパー暇だからブログを書く。ゆっくり書く。何も考えないで書く。普段考えて書いてるのかって言われるとそれには閉口。徒然なるままに。硯ではないどこかに向かって。

暇だからって理由だけでブログが書けるなら更新頻度はものすごいことになるはずだ。だけどそうではない。つ・ま・り!何か別に本音が潜んでいるってことだ(名推理)。

わからない。何がわからないかって言うと、全てだ。オール、エブリシング、アバウトミー。何もわからない。何も覚えていない。名前も好きな花も。自分が船乗りかどうかもわからない(壁の目感)。自分がどうしたいのかもどこを目指しているのかもさっぱり皆目見当もつかぬ。しっかり開目すれば見えてくるのだろうか。否。開くべきは目ではなく心だろう。戒心して改心して開心すべきなのだ。

こんなことが書きたかったじゃんない。もっともっと、自分を押し固めていくような、そんな言葉を並べられたらいいのに。うまくできないものね。そうよ、それが人生なの。今のは別人格だ。これには僕も概ね同意。どう言ったって、同意。

自分に都合の悪いことから目を逸らして、理解できない事象は自分にぶつからないように逸らして、また勝手に自分は被害者だと考えているな?きっとそうだ。今の君を見てれば分かる。今のこれも別人格だ。今日は多いね。

ヨロコビ?カナシミ?イカリ?なんだかわからないけど、感情毎に人格が要る。そいつらをうまくコントロールしてまとめ上げられればいいのに。乗っ取られてばっかりだ。こんな感情に振り回されない、強い覚悟が必要なんだって自分に言い聞かせる。生涯にどんな障害があったって、なんのこれしきってね。
f:id:HikaruRightman:20150823214557j:image
これはピロシキ

もっと書きたい。もっともっと書きたい。書けば書くほど何かに近づいているような感覚になるから。今の暇でさえこうして文字に残しておけば、記録として後からいつでも引っ張りだせる。今と未来を繋ぐ、なるほど、文字は偉大だ。

昔の人が残したような、「すぅっ」と心に沁みてくる言葉はどうやったら生まれるのだろう。何のしがらみもなくダイレクトに「じわぁ」と届く言葉。人に伝わる言葉。残る言葉。残す言葉。

木を隠すなら森とはよく言ったもので、言葉を隠すなら言葉である。同じ意味同じ響きの言葉の中に、ひとつだけ真意を込める。意味の違う言葉を混ぜる。するとどうだろう、はたから見れば煩雑に発せられた言葉群だけど、自分は真意を発した気になれる。隠す必要なんてないだろうと思うかもしれないが、どうやら隠さずにはいられないらしい。それは自分に自信がなかったり、相手に知られたくなかったり、そもそも真意かどうかもわからないから、かもしれない。かどうかも知らない。(曖昧)

知られたくないけど知って欲しい、そんな自信のない顕示欲が顔を出す時、僕は饒舌になると思う。

意味のわからないことを口走ってみたり、感情をストレートに出してみたり、結局は周りの気を引きたいのだ。「俺を見ろ!さもなくば死ね」である。次にこんなことをしでかしたらどうかブン殴って欲しい(M)。少しは冷静さを取り戻すだろう。取り戻したい。

そう。取り戻したいだけだ。気付いたら失くしていた情熱(パトス)とか、置いてきてしまったままの自信(プライド)とか、見るも恥ずかしい青春(アオハル)とか、そんな人前じゃ口にも出せないものを取り戻したいだけだ。

自分を確立していけばいくほど、自分にそぐわないものに出会う確率は増していく。自分の嫌いなものが増えていく。許せないことが増えていく。現実は"もの"と"こと"で溢れかえってる。そりゃ自分に合わないものの方が多いに決まってる。そいつらといつもむやみに衝突したり逃げてたりしたらダメだ。だから多少は寛容に。受け入れて愛することだ。どんな原因だろうと、愛することだ。「君が嫌いだ。だから愛する」みたいな(宗像感)。因果の「因」が何であろうと、認めて尊重することだ。

それでいいじゃないか。
そんな君が、僕は大好きだ。