Right to Light

陽に当たっていたい22歳とその日

圧殺

自分の選択が正しいのか正しくないのかなどわからない」「選んだ道を、ただ後悔しないように生きていくのだ

ほんの数年前の、まだ青春に身を置き、恋と勉強に明け暮れた10代の僕は、本気でそう思っていた。大きな選択の後にどんな未来が待っていようと、それも運命として生きていこうと、自分は生きていけるだろうと、本気でそう思っていた。10代の僕はその考えが間違っているとは思っていなかったし、そこに正しさは必要なかった。ただ自分の人生の中心に僕が居ればいい、それが生きることだと考えていた。僕は世界の中心だった。僕は生きる為に世界を回していた。自分の望みを叶える為に、人の役に立つ為に、あの娘の笑顔を見る為に、この右足を軸にくるりとターンしてみれば、それだけで世界が動いた。そんな若者だった。

 

20を過ぎても、僕は世界を回していた。それこそ人目も憚らず、回したい時に回したいだけ、踊れば踊るほど、世界は輝いた。生きることに充足していたしそれがまた輝きを増し、選択することを恐れず全て運命だと受け入れることが出来た。それが僕の価値だった。今もあの頃と変わらない。僕は何一つ変わっていない。選択に後悔したことはないし運命論者は僕を救う。それでも今の生活が暗く思えるのは、どうしてだろう。

 

自分の選んだ道を、後悔したくないからこそ必死にもがくのに、もがけばもがくほどに、孤独感は増し虚無感に侵される。今にも落ちてきそうな灰色の空の下で、自分は何をしているのだろうとずっともがき続けている。最近ではもう何の為に動いているかもわからなくなってきた。目的も役割もない人間に世界が回せるか。今の僕には居場所がない気がしてならない。結局僕の居場所は僕の世界にしかなかった。外に用意してもらった居場所は、僕の選択のおかげで失くなってしまったようだから。その場所に居た過去の僕が、本当に僕だったのかすらあやふやだ。僕はどこの誰でもなくなってしまった。名前も顔も、どれが自分のものかもわからなくなってしまった。

 

後悔しない選択はできる。した選択を後悔しないものに努力することもできる。10代の僕はここまでは理解していた。しかし考えが及んでいなかったのは、した選択に努力が及ばない時、それに苦しめられることがあるということだった。誰のせいでもない、自分のせいでもない得体の知れない感覚が世界を蝕み殺す。努力は万能じゃない。交通事故と同じだ。いくら自分が気を張っていようと、他者の行動一つで全てが終わる。あまりにも現実的で精神的で過酷な毎日だ。何を頼りにすればいいかもわからない、自分すらどこにいるかもわからない毎日で、どうして世界が動かせよう。選択する前の僕に言いたい。希望を持つな、この選択はどっちに転んでも苦痛だと。