Right to Light

陽に当たっていたい22歳

タイトルなんてない日

「納得」は必要だと思う。好くにしても嫌うにしても、どちらでもなく受け入れるにしても、「納得」は必要だと思う。言い換えれば、「理由」を持つことだと思う。「なんとなく」とか「生理的に」とかじゃない、確固たる理由。
f:id:HikaruRightman:20150824211956g:image
ジャイロ兄貴もそう言ってる。

この前「全てを愛そう」みたいなことを言ったと思うんだけど、納得はそれより前のプロセスだ。《納得→判断→愛》みたいな。愛は最終的に落ち着く結果だ。

嫌いなら嫌いなりの愛し方がある。理由を見つけて納得して、気持ち良く嫌おう。君のことは嫌いだ。でもだいすき(直球)。想いは重い球がいい。

好きなら好きの愛し方がある。理由を見つけて納得して、自信を持って好こう。あなたのこういうところが素敵だなって思います。だから大好き。想いは正直なストレートがいい。

中身のあることしか言っちゃいけないのか?確かに中身は重要だけど、もっと大事なのは、そこに価値を見出せるかだと思う。子供の頃に集めたホウセンカの種みたいに。缶ジュースについてきたポケモンのメダルみたいに。独善的だけど、自分にとって価値があれば、中身なんて必要ないんじゃないかな。

雰囲気がいい。だから好き。
人間味に欠ける。だから嫌い。
顔が可愛い。だから好き。
気を遣ってるのがみえみえ。だから嫌い。

理由をはっきり持つだけで、価値は変わる。意識も変わる。でも、愛は変わらない。美しいね、愛って。(倒置)
そのためにも「納得」は必要だってこと。納得重点。いいね?

ホントは今日は全く別のことを書くつもりだったのに、どうしてこうなった。まぁ、こんな日もあるだろう。僕には価値があるから、それでオールオッケー(All-O-key)だ。